今日は長年ペットとして愛されているハムスターの疑似冬眠。
その危険性についてお話したいと思います。

とはいえ、家飼いのペットとして飼われているハムスターたちは、通常冬眠はしません。
部屋の中が暖かかったり、生きやすいところだからです。

ですが、あまりにも部屋が寒すぎる時など、場合によって冬眠してしまうことがあります。

実はこれ、とても危険なんですよ。

スポンサーリンク

何故なら、家の中は自然ではありません。

自然だと寒くなったらずっと寒いことが多いです。
雪の季節に降った雪はしばらく地面を白くしたままでしょう。

しかし、家の中では寒さを感じるとストーブをつけたり暖かくします。

冬眠してしまった場合この中途半端な気温差で、そのまま亡くなってしまう
ケースがあります。

また、慌てて冬眠を解こうとしてストーブの前や、ドライヤーなどで温めるのは
絶対にやってはいけないことです。

こちらも急激に心臓が動き始め、そこに負担がかかり亡くなってしまうことが
よくあるのです。

では、どう対処すればいいのか、詳しく書いていこうと思います。

ハムスターの疑似冬眠に注意

そもそも、何故疑似冬眠になってしまうのでしょうか。
なりやすいのは、秋ぐらいになりやすかったりします。意外でしょ?

何故なら、どんどん寒くなっていくのだけど
「まだ大丈夫」
って、なぜだか思ってしまうんですよね、人間って。

だけどハムスターは違います。とてもデリケートなんです。
だから少し寒くなっただけでも、疑似冬眠しちゃう子もいたりします。

もちろん、ぐっと寒くなっても冬眠しない子もいます。

個体差はありますが、やはり寒くなりすぎると疑似冬眠に入ります。
なのでできれば部屋の温度はなるべく暖かくしてあげてほしいんです。

そこで便利なのが、爬虫類飼育用の伝熱シート。

マルチパネルヒーター

『マルチパネルヒーター』です。

これは初代のキンクマちゃんが冬眠した時に、ペットショップの店員さんに相談したら
教えてくれたものです。

もともとは、爬虫類の水槽とかに使うものらしく、それをハムスターのケージにも
利用するわけです。

直接中に入れるわけではなくて、ケージの中の小屋ってありますよね。巣です。
その下にあたるように、ケージの真下に敷くわけです。

温度調節もできるので、気温の変化に応じて変えてあげるといいかも。
しかも、素晴らしいのはその設定した温度は常に保ってくれるところ!

なので、冬場のハムスターの温度管理には最適なのです。

うちの子たちも、パネルヒーターのおかげで、冬眠しなくなりました。

しかし、気をつけないといけないのは、ハムスターが眠る場所です。
つまり巣の場所です。

今回、パネルヒーターを入れていたのにも関わらず、うちのキンクマちゃんが
疑似冬眠しました。

しかも、二回も!

それは、彼女が眠る場所に原因があったんです。

パネルヒーターは小屋の真下に敷いていましたが、彼女自身が天井にあった
サンルーフのような場所に巣を作ってしまったんです。

つまり、パネルヒーターを敷いても熱がまったく届かない場所だったんですよねぇ。

案の定、疑似冬眠に入りかけが2回ほど続きました。

さすがにこれはまずいって思って、天井ルーフのないケージに変えました。
以降、寒い冬の間、なんとか疑似冬眠せずに過ごせました。

ちなみに変更したケージは、三晃商会さんのRoomy(ルーミィ)です。

おすすめのハムスター用ケージはルーミィ

うちのキンクマちゃんにかぎらず、ハムちゃんたちはケージの横が柵だと
ガジガジやっちゃいますから、今回は天井のみ柵のケージにしてみました。

もっとも、うちのキンクマちゃんは……

三晃商会のルーミィはハムスターのケージにいい

こんな風に、懸垂しながら頑張ってますけど(笑)

2回も冬眠しかけたとは思えない、元気なキンクマちゃんなんです(笑)

さて、それでもハムスターが疑似冬眠してしまったら、どうしたらいいのでしょうか。
長くなってしまったので、続きは明日のお昼頃更新しま~す。

◆更新しました(∩∀`●)っ
危険!ハムスターの疑似冬眠【2】こんなとき私の対処法 疑似冬眠?死んじゃったの?

Written by たかえ