さあ、ハムスターを飼ってみよう!!

と思った時、まず最初に皆さんがすることは飼育書なるものを見ること
ではないでしょうか。

最近ではネットで検索したりして、何が必要なのか調べたりもできますね。

しかし、ぶっちゃけ、飼育書を見てあれこれ揃えてはみたものの
実際はあんまり必要なかったりとか、もっと違うものが良かったりとか~
そういうことってあると思うんです。

私もたくさんありました。

スポンサーリンク

もちろん、ハムスターそれぞれの性格もあったりするので
その子によって必要なものが違ったりもします。

なので今回は、私がこれまでハムスターを長年飼ってきて
全体的に必要だったものなどのお話をしたいと思います。

まず、ハムちゃんをお迎えするにあたりケージが必要です。
一匹ならひとつ、二匹ならふたつ用意したほうが無難です。

というのも、種類にもよりますが、ハムスターは団体生活が苦手な種族です。
二匹を同じケージで飼うと、喧嘩してお互いに傷つけてしまったりするんです。

もちろん仲良しのハムちゃんもいますよ。

なので一概には言えないのですが、そもそもは個々で飼うべき生き物だと思いますので
ケージは一匹にひとつが原則かなぁ、と思っています。

ケージも、色んな種類のものが売られています。

もしくは自分で作ることもできます。

衣装ケース、ありますよね。
あれの蓋にうまく空気穴をあけたりして、作ることも可能です。

作り方などは、ネットで検索するとたくさん出てくると思いますよ。

うちは手作りは苦手なので、壊れたりなんだりでいろいろ買い替えましたが
今、うちの子が入ってるケージが一番落ち着いているようです。

ハムスターのケージ・ルーミィのピンク

このピンク色のケージは、三晃商会さんの「ルーミィ」というケージです。

ルーミィは何がいいって、全面ガラス張りのような透明なケージなのがいいのです。
ハムスターの生態がよく観察できます。

残念ながら、写真右手前が「巣」なのですが、モフモフでいっぱいにされて
中が覗けません(笑)

「ルーミィ」には給水器、カラカラ(ハムちゃんがクルクルするアレです)、エサ入れ
などがついてきます。

ちなみにこのホイールですが、三晃商会さんのホイールはサイレンサーなので
とても重宝します。

他のケージを購入された場合も、ぜひ、このホイールに付け替えてください。

本当に静かです。

この「ルーミィ」は我が家のキンクマハムスター、きなこ用。
大きいハムちゃんということで、ホイールはサイズを大きいものに付け替えています。

それから、トイレも設置しています。

キンクマちゃんは、前の子もそうでしたが、きちんとトイレで用を足す
いい子が多いです。

「大」はあちこちにしちゃいますけどね(汗)

ショコラハウスはハムスター専用のケージ

こちらは、ジェックスさんの「ショコラハウス」です。
以前はロボロフスキーが住んでいました。

今は、ノーマルジャンガリアンのロイが住んでいます。

このようにケージを再利用するのは可能ですが、必ず綺麗に洗ってあげてください。

前のハムちゃんの匂いが残っていたら、それはとても大きなストレスになりますので。

こちらは給水器が壊れていたので(これは運によるんですが、給水器を単体で購入しても
よく水がうまくでなかったりするものが多いです)、違うのに付け替えています。

あと、先ほどお話したホイールもサイレンサーのついているものにしています。

「ショコラハウス」は周りが柵なので、ハムちゃんがモフモフ素材の中を
トンネルごっこしたりすると、写真のように周りにモフモフをバラまきます…。

なのでうちはケージの下にシートを敷いています。
(それでも勢いが激しいので、床に落ちたりしてます…)

ケージが用意できましたら、ケージの中に敷き詰めるモフモフこと、床敷材が必要です。

ここに拘りを持つ飼い主さんもいるようですよ。
いろいろ種類がありますので、できれば木材系がいいです。

綿などもありますが、これは実はあんまりハムちゃんにはよろしくないんです。

ハムちゃん用の綿はきちんとそれなりの加工はしてあるとは思いますが
うっかりハムちゃんが食べてしまい、腸閉塞になったりするんです。

なのでできれば木材系がいいですね。

うちはマルカンさんの「ふわふわベッド」を利用しています。

ハムスターの床材におすすめはふわふわベッド

こちらを夏場はちょっと薄めに、冬場はしっかりと敷き詰めてやります。

すると、「ルーミィ」の写真のように、あとはハムちゃんがせっせと
自分の巣に運び込んでくれます。

それから、トイレとトイレ砂も必要です。

砂っ固

こちらもマルカンさんの「消臭砂っ固」です。

すぐに固めてくれるのはいいんですが、掃除をし忘れると大変です…。
そして掃除をし忘れると、やはり臭いです…。なので掃除はマメにしましょう。

これだけ揃えていれば、まず大丈夫かと思います。

ただ、冬場。
できればケージにかけるバスタオルぐらいの布があればいいですね。

うちはもう捨てようかというバスタオルをかけてやっています。

これだけで暖かさが格段に違いますから。

夏場も昼間はかけて暗くしてやっている人もいるようですが、うちはしてません。
巣の中がモフモフでいっぱいで、多分暗いと思うので(笑)

それと夏場はムシムシしますから、かえってハムちゃんにはよくないと思います。

ただし。

本当に捨てようか…というバスタオルとか布でないと、どうしてこうなった…
とつぶやいてしまうぐらい、ビリビリのボロボロにされてしまいます。

口でひっぱり破いては巣の中にいれて、巣の素材にしちゃうんです。

なので、注意が必要です。

あと、冬場はパネルヒーターも必要です。
疑似冬眠を回避するためにも、ぜひ。

*** 疑似冬眠については以前書いた、こちらの記事をお読みいただければと思います。
うちのキンクマちゃんは過去に2回、疑似冬眠しかけました

【危険!ハムスターの疑似冬眠】ペットショップで勧められたマルチパネルヒーターを購入しました

そうそう!それとエサも忘れちゃいけませんよね。

エサやハムちゃんを飼うための+αは明日、またお届けしたいと思います(*´▽`)ゞ
更新しました→ ハムちゃんライフをもっと楽しく♪ハムスターを飼うにあたり+α ライター:たかえ編

Written by たかえ