ハムスターを初めて飼う。とてもドキドキしますね。
それは他の動物も同じだと思います。

なんにしろ「初めて」飼う生き物には、ドキドキするものです。

我が家ではもう何年もハムスターと同居しています。
彼女ら(うちは基本的にメスを飼いますので)は、毎日の癒やしになります。

スポンサーリンク

よく娘に指摘されるのですが、まるで赤ちゃんにでも話しかけるように
赤ちゃん言葉で話しかけてしまっている私がいたりします(笑)

もっとも、娘も……なんですけどね(笑)

それぐらい可愛くて仕方ありません。

ですが、可愛い可愛いだけでは、どんな生き物だって長生きしてくれません。

とくにハムスターはストレスに弱い生き物です。
ちょっとしたことがストレスになってしまうことがあります。

抵抗しないからといって、四六時中抱き上げたり、触れたりするのは要注意です。
これだけでもストレスになったりしますから。

わんちゃんのように、ナデナデしてあげたら喜ぶような生き物ではないということです。

もっとも、中には触れられて喜ぶハムちゃんもいると思います。
それは目一杯、愛情を与えてあげてください。

しかし、大抵のハムちゃんは、まず最初は噛んできます。

そりゃそうですよね。

いきなり見ず知らずのところに連れて来られて、嗅いだことのない(人間の指のこと)
ものが自分に触れてくるのですから。

がっつり噛みますよね…(涙)

私も何度噛まれたことか。
彼女らの歯をナメてはいけません。

血、普通に出てきます…。

しかし、一度ぐらいはなんとしてもナデナデしたいもの。

まずは根気よく、指先からエサを与え続けてください。
人間の匂いのついたものを食べてもらうわけです。

最初はイヤがるハムちゃんもいるかもしれませんが、根気よく続けてください。
匂いに慣れてきたら、この人は危害を与える人ではないと判断してくれるようになります。

根気勝負です!

しかし、慣れてきてもあまり触りすぎないようにしましょう。
やはりストレスには違いないのですから。

そして。

これだけは忘れないでください。

ハムちゃんは短命です。
2年~3年の短い生涯を一緒に過ごすことになります。

我々人間のように、一度の出会いに失敗しても、もう一度の出会いに賭けよう
なんてことができません。

おそらく、お星様になるまでずっと一緒です。

その短い期間、ハムちゃんなりに「良かった」と思ってもらえるように
飼い主は愛情いっぱいで育ててやらなければならないと思っています。

どんなに小さくても、どんなに短くても、命は命ですから。

せっかくのご縁、大切に一緒に過ごしてくださいね。

背伸びしたキンクマハムスター

Written by たかえ

◆その他のおすすめハムちゃん記事ですσ*ゝω・)
ジャンガリアンハムスターのお腹側が赤い!?はげている?原因はおしっこかぶれでした
注意しよう!「ジジジッ!」ハムスターの鳴き声はストレスのしるしかも